経営事項審査の技術者の貸し借りはできる?


質問

経審の点数を上げるために、他の会社から技術者を借りて申請後に戻すことはできる?

回答

いわゆる「名義貸し」です。そうした不正行為はできません。経営事項審査の技術者の要件に「審査基準日の時点で6カ月を超えて雇用していること」というものがあります。6カ月「以上」ではなくて6カ月を「超えて」です。1年の間に2つ以上の企業に「6カ月を超えて」雇用されることは不可能です。

この要件は名義貸しの不正を行わせないようにするために平成23年の改正で盛り込まれたものです。それまでは名義貸しが横行していました。そのため、「改正前では30名程度1級技術者がいた会社が改正後に2名に激減した」といった事例が数多く発生しました。

点数を上げるために注意すべきことは審査基準日の時点の6カ月以上前から検討を開始すべきということです。3月31日決算日でしたら、前年の9月までに雇用を完了しておかなければ「審査基準日から6カ月を超えて」となりませんのでご注意ください。