建設業許可は取得した方がいいのでしょうか


質問

やはり建設業許可は取得した方がいいのでしょうか?

回答

色々なところで建設業許可を取ることのメリットを尋ねられます。これから建設業で創業される予定の方も「やはり許可を取ったほうがいいのでしょうか・・・」との質問が多いです。

許可を得るメリットは企業によって様々です。もちろん建設業法で許可が必要とされる工事を施工する場合は必須です。

※許可が必要となる工事の要件
建築一式の場合:工事1件の請負額が1,500万円未満の工事、又は延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事
【木造】…建築基準法第2条第5号に定める主要構造物が木造であるもの
【住宅】…住宅、共同住宅及び店舗等の併用住宅で、延べ面積が2分の1以上を居住の用に供するもの
それ以外の場合:工事1件の請負額が500万円未満の工事

ただ、たとえ500万円以上の工事が無い場合も、リフォーム中心で行っている工務店ではれば「ホームプロ」のようなマッチングサイトへの登録要件になっているから取得するという企業さんもみられます。

施主が工事を依頼する建設会社を探す際に、与信管理のために建設業情報管理センターが公開している経営事項審査の情報を利用することもあります。経営事項審査を受審するには建設業許可が必要です。
※入札に参加しなければ、本来経営事項審査は不要です。

残念ながら建設業界をグレー色で見る人が多く、「自分は騙されたくない」という不安をかかえている顧客も多いです。そうした顧客に対して建設業許可を取ることで、『その不安を少しでも払拭できるのであれば』と許可を取得する企業もあります。

このように理由は色々なケースがあります。

もちろん取得には費用と手間がかかりますから、必須ではない場合はメリットを十分に考えてからやるべきでしょう。取得後に効果がなかったからといいて許可の継続を行わなければそれこそまわりは何かあったと勘繰りたくなりますから・・・