土木一式と「とび・土工」の違いは?


質問

土木一式と「とび・土工」の違いは何でしょうか?

回答

土木一式は「総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事(補修、改造又は解体する工事を含む)」とあります。

とび・土工は工事の内容として以下の5つがあげられます。

  1. 足場の組立て、機械器具・建設資材等の重量物の運搬配置、鉄骨等の組立て
    【具体例】とび工事、ひき工事、足場等仮設工事、重量物の揚重運搬配置工事、鉄骨組立て工事、コンクリートブロック据付け工事
  2. くい打ち、くい抜き及び場所打ちぐいを行う工事
    【具体例】くい工事、くい打ち工事、くい抜き工事、場所打ぐい工事
  3. 土砂等の掘削、盛上げ、締固め等を行う工事
    【具体例】土工事、掘削工事、根切り工事、発破工事、盛土工事
  4. コンクリートにより工作物を築造する工事
    【具体例】コンクリート工事、コンクリート打設工事、コンクリート圧送工事、プレストレストコンクリート工事
  5. その他基礎的ないしは準備的工事
    【具体例】地すべり防止工事、地盤改良工事、ボーリンググラウト工事、土留め工事、仮締切り工事、吹付け工事、法面保護工事、道路付属物設置工事、屋外広告物設置工事、捨石工事、外構工事、はつり工事、切断穿孔工事、アンカー工事、あと施工アンカー工事、潜水工事

例えば、法面に対してコンクリート打設と地すべり防止を行うとします。

現地調査を行い、工事方法を検討し、全体の工期や予算を立案し、下請企業に工事内容を伝え、工事全体が円滑に実施されるよう調整するのが「土木一式」の役割です。

そうした調整のもとコンクリート打設や地すべり防止工事を行うのが「とび・土工」の役割です。

注意すべきは「土木一式」の許可を持っているからといって、コンクリート打設や地すべり防止工事をやってもいいのかという観点です。

500万円未満の工事では許可は不要です。しかし上記のコンクリート打設工事の金額が500万円を超えた場合には「土木一式」の許可だけでは行うことができません。「とび・土工」の許可が必要になります。