経営事項審査の申請の際、防災協定は営業所の所在地とは異なる自治体とのものでも構わないか?


質問

経営事項審査の申請の際、防災協定は営業所の所在地とは異なる自治体とのものでも構わないでしょうか?

回答

構いません。所在地が異なるから協定が結べないといったことは協定締結時に吟味されることであって、協定を結んだということはその自治体で防災活動が行えると判断されたからでしょう。そのため、経営事項審査申請時にはどこの自治体との防災協定かは問いません。必要なのは提示書類で以下のものです。

  1. 申請者と国、特殊法人、地方公共団体等との間に防災活動に関する協定を締結している場合は、防災協定書
  2. 申請者の加入している社団法人等の団体が国、特殊法人、地方公共団体等との間に防災協定を締結している場合は、防災協定書、活動計画書等防災活動に一定の役割を果たすことができる書類及び当該団体への加入証明書

上記の1または2のどちらかを提示する必要があります。