建設業許可申請で、10年経験で専任技術者となる場合その期間の在籍はどうやって証明するのでしょうか?


質問

建設業許可申請で、10年経験で専任技術者となる場合その期間の在籍はどうやって証明するのでしょうか?

回答

以下のいずれかの書類を提示します。

  •  (年金の)被保険者記録照会回答票
  • 雇用保険被保険者証(申請時点において継続して雇用されている場合)
  • 雇用保険被保険者離職票(申請時点において離職している場合)
  • 証明者が個人事業主の場合は、証明者の所得税の確定申告書のうち、税務署の受付印のある第一表+専従者給与欄又は給与支払者欄に内訳・氏名の記載がある書類
    ※税務署の受付印または税務署の受信通知(電子申告の場合)を必ず確認します。
    ※第一表に税務署の受付印はないが第二表に税理士等の記名捺印がある場合は第二表も必要
  • 証明者の印鑑証明書(3か月以内のもの

※証明者と申請者が同一の場合又は過去に建設業者から証明を受けている者については上述の書類提示は不要です。