入札に参加する予定がなくても経営事項審査は受けておいた方がいいか?


質問

入札に参加する予定がなくても経営事項審査は受けておいた方がいいか?

回答

「市町村の指名業者」という肩書が欲しくて入札に参加する予定もないのに経営事項審査を受ける企業も確かに存在します。信用力が上がるという期待からです。

たしかに指名業者になるには経営事項審査と入札参加資格申請の両方が必要ですが、どちらも申請さえすれば指名業者になれるため、本当の意味での信用力は計れません。

ただし、個人の方向けに「公共工事にも参加している」という文句は少しは効果があるようです。なかには経審のデータが公開されていることを知っている施主さんもいるぐらいで、経審を受けていない企業さんで「おたくはどうして経審のデータが無いの?」と怪しまれたことがあるぐらいです。
※逆に経審データが公開されることを嫌がって、入札に積極的に参加しないのであれば経審もやめてしまおうという方もおられます。

指名業者の肩書で民間工事がたくさん受注できるということはありません。入札を考えていないのであれば経審も不要でしょう。