貸借対照表の繰越利益剰余金と別表5の繰越損益金


行政書士の安田です。こんにちは!

経営事項審査申請の書類作成をしているなかで「そんなこともあるんだねぇ」ということがありましたのでちょっと書きたいと思います。

経営事項審査の申請には必ず経営状況分析を行った結果を添付しなければなりません。その際に決算書の数値が使われるのですが、分析を依頼している企業から「貸借対照表の繰越利益剰余金と別表5の繰越損益金が一致していませんがどちらが正しい数字ですか?」と聞かれてしまいました。

別表5・・・だいたい経営事項審査で関係するのは別表16の減価償却などなのですが、別表5で初めてつまづきました。確認すると・・・

「確かに一致していない・・・」

ということで、ご依頼いただいました企業さんを経由して税理士さんに尋ねてみてもらいました。その回答は、

「別表5の方が間違いで貸借対照表の繰越利益剰余金が正しい数値です」というものでした。

やはり間違いだったんですね。その旨を分析企業に伝えることで今回は事なきを得ました。ただ申請の日が迫っていたので分析結果は郵送ではなくコンビニで受け取れるオプションサービスを選択。これで一安心です(^^)