経営事項審査の工事経歴書で、年間契約等で契約時に請負金額を定めておらず、決算日のときには金額が確定しない場合はどうしたらいいでしょうか?


質問

経営事項審査の工事経歴書で、年間契約等で契約時に請負金額を定めておらず、決算日のときには金額が確定しない場合はどうしたらいいでしょうか?

回答

単価契約又は年間契約で、当初契約時に請負金額を定めていない場合でも個々の工事請負契約に基づいて金額を算出し請負金額としてください。

また、契約期間の途中に決算期が来る場合は、事業年度に応じた出来高を計上してください。

そうして算出された請負金額をもとに工事経歴書を作成してください。

※工事経歴書に記載できるのは請負契約のみです。同じ単価契約や年間契約でも請負ではなく労務提供などの場合は工事経歴書に記載できません。