経営事項審査における工事経歴書の業種の分類について、土木一式工事又は建築一式工事の場合、工事名又は請負金額によって判断するのですか。


質問

経営事項審査における工事経歴書の業種の分類について、土木一式工事又は建築一式工事の場合、工事名又は請負金額によって判断するのですか。

回答

業種の分類は工事の内容によって行います。

土木一式工事及び建築一式工事の二つの一式工事は、他の27の専門工事と異なり、総合的な企画、指導及び調整のもとに土木工作物又は建築物を建設する工事で、原則として、元請の立場で総合的なマネージメント(注文主、下請人、監督官庁、工事現場近隣等との調整や工事の進行管理等)を必要とします。

また、必ずしも二以上の専門工事が組み合わせは要件でなく、工事の規模、複雑性等からみて個別の専門工事として施工することが困難なものも含まれます。

なお、発注者から、土木工事業・建築工事業の許可が必要であるとして発注された工事であっても、その工事の内容が建設業法に規定する専門工事に該当する場合には、土木一式工事・建築一式工事の完成工事高には認められず、完成工事高の訂正が必要となります。