経営事項審査において、維持管理業務委託なのですが、完成目的の請負契約部分も含まれます。どのように完成工事高を計上すればいいでしょうか?


質問

経営事項審査において、維持管理業務委託なのですが、完成目的の請負契約部分も含まれます。どのように完成工事高を計上すればいいでしょうか?

回答

維持管理業務委託は建設工事とはいえないので、原則として完成工事高に含めることはできません。しかし工事名称にかかわらずその内容が建設工事の完成を目的としている請負契約であることが確認できれば、完成工事高に含めることができます。

この場合は、契約金額のうち建設工事に相当する金額のみを完成工事高に含めることができます。ただし、当面の間、工事に係る部分だけを抽出して請負代金額を算出することが困難な場合は、その契約の内容が建設工事の完成を目的とすることが確認出来れば、請負代金額全てを完成工事高とみなします。