平成30年4月より経営事項審査の内容が一部変更になります


平成30年4月より経営事項審査の内容が一部変更になります。大きく分けて3つ改正点があります。

  1. W点のボトムの撤廃
    現行のW点は、合計値がマイナスとなった場合は0点として扱われる(マイナス点数として扱われない)が、W点のマイナス値を認める(ボトムを撤廃する)ことにより、社会保険未加入企業や法律違反等への減点措置を厳格化。
  2. 防災活動への貢献状況の加点幅の拡大
    防災協定を締結している場合(W3)、現行15点の加点であるところ、20点の加点へと拡大。
  3. 建設機械の保有状況の加点方法の見直し
    建設機械を保有する場合(W7)、現行1台につき加点1(最大15点)であるところ、1台目を加点5とし、加点テーブルを見直し(最大15点は変わらず)。
    また、営業用の大型ダンプ車のうち、主として建設業の用途に使用するものを評価対象とする。
    加点対象となる営業用ダンプ車の要件は、以下のとおり。

    1. 車両総重量8t以上及び最大積載量5t以上であること
    2. 経営する事業の種類として建設業を届け出ていること
    3. 表示番号の指定を受けていること
    4. 車検証備考欄 表示番号の後に「(建)」と表記されていること

詳しくは安田コンサルティングまでお問い合わせください!!