建設業許可申請を最短で申請したい場合の準備期間は?


質問

建設業許可申請を最短で申請したい場合の準備期間は?

回答

様々なケースが考えられますが、最も短い準備期間は「1日」です。午前中から申請準備を始めて、その日の午後に申請を完了したケースがあります。そのときはご依頼者とつきっきりで書類の準備を行いました。

時間がかかってしまうケースとして考えられるものを一部抜粋します。

  1. 役員の身元証明書が必要ですが、本籍地の役所で取得するため遠方で郵送申込の場合は日数がかかってしまいます。
  2. 資本金が500万円未満、または個人事業主の場合は金融機関の残高証明が必要ですが、金融機関によっては数日かかる場合があります。
  3. 経営管理責任者の証明や、専任技術者の実務経験の証明を誰かに依頼(もとの勤め先等)する場合、すぐに押印頂けない場合があります。