専任技術者が専任要件以外の資格を持っている場合、技術者名簿に専任要件以外の資格を記載することは可能か?

質問

専任技術者が専任要件以外の資格を持っている場合、技術者名簿に専任要件以外の資格を記載することは可能か?

回答

可能です。専任技術者が専任要件以外の資格を有する場合に技術者名簿にその資格を記載することができます。その資格の免状等の写しが必要となります。何故なら専任技術者証明書では、専任以外の業種の国家資格等は届け出ることはできないからです。届け出ていない国家資格等を有している場合は、免状等の写しが必要となります。

また、専任している業種の国家資格に変更があった場合には、専任技術者証明書により、経営事項審査の申請までに届出を行ってください。

この記事を共有

建設業許可の取得において、管理技術者資格者証に記載されている所属建設業者が異なる企業名であっても大丈夫でしょうか?

質問

建設業許可の取得において、管理技術者資格者証に記載されている所属建設業者が異なる企業名であっても大丈夫でしょうか?

回答

監理技術者資格者証に記載される「所属建設業者」が、国家資格者等・監理技術者の登録を行う企業名と一致していない場合でも大丈夫です。

ただし、監理技術者資格者証の記載内容に変更があった場合は、30日以内に変更手続を行う必要があります。

詳細は、交付機関(財団法人建設業技術者センター)にお問い合わせください。

この記事を共有

建設業許可における国家資格者の証明に監理技術者資格者証は使えますか?

質問

建設業許可における国家資格者の証明に監理技術者資格者証は使えますか?

回答

専任技術者証明書及び国家資格者等・監理技術者一覧表の添付書類として国家資格者の資格を証する書類を付ける必要がありますが、監理技術者資格者証の写しでも受付可能です。国土交通大臣認定を受けた人の場合でも大丈夫です。

この記事を共有

施工管理技士の合格証書を無くしてしまっていても、建設業許可の専任技術者として申請できる?

質問

施工管理技士の合格証書を無くしてしまっていても、建設業許可の専任技術者として申請できますでしょうか?合格証書の原本を紛失し写しもありません。

回答

合格証書の写しがある場合は、写しの添付のみで原本の提示の必要がないため、申請及び届出をしていただくことが可能です。

今回のケースは合格証書の原本も写しもないということですので、再発行申請書(受付印のあるもの)を添付して、申請及び届出を行います。この場合、後日に再発行された合格証明書を提示していただく必要はありません。なお、国家資格者・監理技術者についても同様です。

この記事を共有

建設業許可申請の国家資格者等登録で証明書の名前と戸籍上の名前が異なる場合は?

質問

建設業許可申請の国家資格者等登録で証明書の名前と戸籍上の名前が旧字体等で異なる場合はどうしたらいいでしょうか?

回答

国家資格者を証明する書面等において、旧字体や異字体により氏名が記載されている場合であっても、戸籍上の文字で申請します。戸籍謄本等の提示は求められません。申請時に異なる理由を説明します。

この記事を共有

国家資格者を技術職員名簿に記載する際に事前に必要なことはありますか?

質問

国家資格者を技術職員名簿に記載する際に事前に必要なことはありますか?

回答

専任技術者以外の国家資格者は国家資格者等・監理技術者一覧表による届出が必要になります。
※専任技術者の方は不要です。

ただし、審査対象の年度内に雇用された場合で、審査基準日以降の4か月以内に退職している技術者の場合は上記の届出がない場合でも以下の全ての確認書類があれば技術職員名簿に記載することができます。

  1. 国家資格の免状、資格証等の写し
  2. 審査基準日以前6か月を超える恒常的雇用関係・常時雇用が確認ができる書類
  3. 審査基準日以降4か月以内の退職が確認できる書類
    (健康保険、雇用保険又は住民税特別徴収関係の書類)
この記事を共有