電子入札のI Dとパスワードがわからないときは?


安田コンサルティングの安田です。泉州エリアも雪が降ってとっても寒いですね〜

今日、とある建設会社さんからの問い合わせがありました。

「大阪府の電子入札のIDとパスワードがわからへんねんけど、どうしたらいいかな?」

このお客様は以前ほかの行政書士さんに申請を依頼されていたのですが、その方が廃業されたので今年から弊社にご依頼いただきました。大阪府の入札参加資格申請は前の行政書士さんが行ったのですが、申請の控えがなく何もわからないとのことでした。

大阪府ではパスワードの再通知依頼書を送れば書面等で教えてくれます。「IDパスワード再通知依頼書」で検索するとすぐにリンクが出てきます。

用紙を入手し記載方法の説明を同封して郵送させていただきました。

入札参加資格の申請はしたもののまだ入札に一度も参加したことがないという企業さんは多く存在します。今回のケースもそのようなお客様でした。

パスワードの管理はとても大事です。再通知してもらえるものの出来る限りそのようなことにならないように注意したいものです。

泉佐野市の企業様の決算変更届と経営事項審査申請書作成


泉佐野市内の建設会社さんからのご依頼で決算変更届と経営事項審査申請書類を作成しています。

これらの書類はたくさん種類があってなかなか大変なのですが書類作成ソフトを活用すると色々と便利です!

いま愛用しているソフトも使いはじめて5年以上。随時更新されて常に最新の書式にアップデートされるところが特に気に入っています!

 

2つの納税証明書


こんにちは。行政書士の安田です。今日はお客様の経営事項審査申請依頼で書類作成や証明書を集めたりしています。

午前中に府税事務所と税務署に行ってきました。決算変更届で必要な府民事業税の納税証明書は大阪府内の府税事務所ならどこでも取得できます。一方、経営事項審査申請で必要な消費税の納税証明書は管轄の税務署でなくてはなりません。これがなかなか不便なんです。

だから当然お客様にとっても不便だから安田はいつも委任状をハンコ押すだけにしてお客様に押印いただいて代行取得するようにしています!

泉佐野税務署は近くていいのですが、遠いところは郵送で取り寄せることも多々あります。

今日の税務署は年始のせいかたくさんの人がきていました。そして、入り口には確定申告の用紙が山積みになっていました。もうそんな時期ですねぇ〜

河内長野市の入札参加申請


こんにちは!安田コンサルティングの安田です。
今年から行政書士業務で行なった内容を少しずつ紹介していこうと思ってます。

今日はお客様からのご依頼の河内長野市の入札参加申請資格申請です。
昨年12月から受付が始まり、締め切りは1月26日まで。今回の申請は平成30年度から32年度までの3年間が対象です。
申請書類を作成しさきほどお客様に押印箇所を示したうえで郵送させていただきました。
返送が届き次第続きの業務を行います!