実務経験で監理技術者となった場合、技術職員名簿に記載して6点の加算となりますでしょうか?


質問

実務経験10年と指導経験2年以上で監理技術者となった場合、技術職員名簿に記載して6点の加算となりますでしょうか?

回答

監理技術者になる要件は以下の通りです。

学歴または資格

必要な実務経験年数

実務経験

指導監督的実務経験

 

 

指定学科を履修した者
学校教育法による大学・短期大学・高等専門学校 (5年制) を卒業し、 かつ指定学科を履修した者

卒業後

3年以上

2年以上

(左記年数と重複可)

学校教育法による高等学校を卒業し、 かつ指定学科を履修した者

卒業後

5年以上

 

 

 

 

国家資格等を有しているもの
技術検定2級または技能検定1級等を有している者 ※1

2年以上

平成16年3月31日以前に技能検定2級等を有している者 ※2

合格後

1年以上

2年以上

(左記年数と重複可)

平成16年4月1日以降に技能検定2級等を有している者 ※2

合格後

3年以上

電気通信主任技術者資格者証を有している者

合格後

5年以上

上記イ・ロ以外の者

10年以上

2年以上

(左記年数と重複可)

※1 2級建築士、消防設備士(甲種乙種)を含みます。
※2 地すべり防止工事試験合格者、地すべり防止工事士を含みます。

経営事項審査のZ点(技術点数)について、1級技術者で監理技術者資格者証保有かつ監理技術者講習受講の場合は下記表のように6点となります。

1級技術者 基幹技能者 2級技術者 その他
監理技術者資格者証保有かつ監理技術者講習受講 左記以外
1名につき、6点 同5点 同3点 同2点 同1点

しかし1級にあたる国家資格等を持っていない場合は該当しません。今回のケースは実務経験でということですので経営事項審査では「その他」ということで1点に該当します。

専任技術者は建設現場の配置技術者(主任技術者、監理技術者)になれないのでしょうか?


質問

専任技術者は建設現場の配置技術者(主任技術者、監理技術者)になれないのでしょうか?

回答

営業所における専任技術者は、「営業所に常勤して専らその職務に従事すること」が求められています。

ただし特例として、下記の要件を全て満たす場合は専任技術者でも、当該工事の専任を要しない主任技術者又は監理技術者となることができます。

  1. 当該営業所において請負契約が締結された建設工事であること。
  2. 工事現場と営業所が近接し、当該営業所との間で常時連絡をとりうる体制にあること。
  3. 所属建設業者と直接的かつ恒常的な雇用関係にあること。
  4. 当該工事の専任を要しない監理技術者等であること。
    ※当該工事の専任を要しない監理技術者等とは、公共性のある工作物に関する重要な工事(工事の請負代金の額(税込み)が3,500万円(建築一式工事にあっては7,000万円)以上のもの。)以外に配置されるものをいいます。

技術職員の資格点数について(基幹技能者と2級施工管理技士)


質問

管工事の基幹技能者と2級施工管理技士を持っています。合計で5点となるのでしょうか?

回答

技術職員の点数は保有資格によって以下のように定められています。

1級技術者 基幹技能者 2級技術者 その他
監理技術者資格者証保有かつ監理技術者講習受講 左記以外
1名につき、6点 同5点 同3点 同2点 同1点

基幹技能者は3点で2級施工管理技士は2点です。しかし合計で5点になるのではありません。技術職員は1つの工種について1つの資格しか加点対象になりませんので、基幹技能者として3点の評価となります。