経審の社会性にある自己監査とは何でしょうか?


質問

経審の社会性にある自己監査とは何でしょうか?

回答

正式には「自己監査」とは呼ばず「経理処理の適正の確認」といいます。(言葉の意味はほぼ同意ですが)

実施していれば下記のように「監査の受信状況」にてW5評点として2点得られます。

監査の受審状況 点数
会計監査人の設置 20
会計参与の設置 10
経理処理の適正を確認した旨の書類の提出 2
0

P評点への換算としては ×10×190/200×0.15 となりますので、2.85点となります。

経営事項審査の申請時には「経理処理の適正を確認した旨の書類」の原本を提示します。適性の確認は誰が行っても良いわけではなく、下記の注意事項にあるように常時雇用されている経理の責任者であって、公認会計士、会計士補、税理士、建設業経理士1級の合格者である必要があります。

(注意事項)建設業に従事する職員(雇用期間を特に限定することなく常時雇用されているもの(法人である場合においては常勤の役員を、個人である場合においてはこの事業主を含む。)をいい、労務者(常用労務者を含む。)又はこれに準ずる者を除く。)のうち、経理実務の責任者であって、公認会計士、会計士補、税理士及びこれらとなる資格を有する者並びに1級登録経理試験に合格した者のいずれかに該当する者が経理処理の適正を確認した旨の書類(様式は83~87ページをご覧ください)に自らの署名を付したものを提出する場合、当該書類の原本を提出してください。