雇用保険の加入を証明する概算・確定保険料申告書や保険料領収書は申請する時点の最新のものが必要か?


質問

雇用保険(又は政府労災)の確認書類の概算・確定保険料申告書及び保険料領収書は、経営事項審査を申請する時点の最新のものがいるのでしょうか?

回答

審査基準日を含む保険年度分が必要です。

ただ概算保険料の申告・納付は、年度の初めにその年度の保険料を概算した金額を7月10日までに申告・納付することになっています。確定保険料申告の際には、前年度の保険料の精算と新年度の概算を同時に行いますので、直近の労働保険概算・確定保険料申告書及び保険料領収書でも認めてもらえます。

W評点にある雇用保険・健康保険・厚生年金の加入についてどのように確認するのでしょうか?


質問

W評点にある雇用保険・健康保険・厚生年金の加入についてどのように確認するのでしょうか?

回答

審査基準日時点で加入しているかどうかを確認します。

雇用保険

雇用保険では以下の2つの資料で確認します。

  1. 労働保険概算・確定保険料申告書(審査基準日を含む保険年度のもの)
  2. 上記の申告に係る保険料納入分の領収書(審査基準月分まで納付済であることが確認できるもの)

健康保険・厚生年金

健康保険・厚生年金の加入確認は以下のいずれかで確認します。

  1. 健康保険・厚生年金保険それぞれの保険料納入告知額・納入済額通知書(審査基準月分の納付済が確認できるもの)
  2. 健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書(常勤の役員及び常勤の従業員全員が確認できるもの)

どちらも審査基準日時点であって、申請を行う時点ではありませんので注意してください。