壁掛けテレビを設置するような場合、建設業許可は必要でしょうか?

質問

弊社はTVなどを新築時に壁掛け設置をする業者です。 最近、有機ELになりTVの価格が1台で250万円という場合があり、それを複数の部屋に設置すると見積り金額が500万円を超えてしまう事があります。 この場合、建設業許可が必要になるのでしょうか?

回答

壁掛け設置する際に配線などの電気工事が伴うのであれば電気工事業としての登録か、建設業許可を電気工事で取得している必要があります。
500万円に満たない小規模工事であったとしても電気工事があるのであれば電気工事
業としての登録は必要です。

また、壁掛けの際に補強材を取り付けたり、天井からの吊り具を設置するなど付帯工事があるのであれば内装仕上工事業も取得しておくと良いでしょう。

この記事を共有

電気工事業者として登録していますが経営事項審査を受審することはできますか?

質問

電気工事業者として登録していますが経営事項審査を受審することはできますか?

回答

電気工事業法に基づく登録電気工事業者は、それだけでは建設業許可を受けていないので経営事項審査を受審することはできません。建設業許可を受ける必要があります。

電気工事士法(昭和 35年法律第 139号)による第1種電気工事士又は第2種電気工事士は3年以上実務の経験があれば専任技術者になることができます。

あとは電気工事業としての経営経験5年、又は他の工事業の経営経験が7年あれば経営管理責任者にもなれます。

これらの要件を満たすかどうか確認して建設業許可の申請を行ってください。

※専任技術者、経営管理責任者の要件をクリアしているかどうかは行政書士事務所安田コンサルティングまでお気軽にお問い合わせください。

 

この記事を共有